• ホーム
  • 偏頭痛やNASHは食生活で改善!味噌汁を飲もう

偏頭痛やNASHは食生活で改善!味噌汁を飲もう

血圧測定器

慢性的頭痛の中で緊張型や群発頭痛とありますが、その中で偏頭痛に悩まれる方が多くいます。
その理由にはお酒の飲みすぎからストレスや睡眠バランスとあげられます。
頭痛薬は副作用などのため痛みがある時にしか使用しない方がいいとされています。
対策として首回りの血のめぐりに気をつかってほぐせるようなことがよく、ストレッチやお風呂やマッサージとなんでもあります。
またお酒の飲みすぎでの偏頭痛そして内臓では脂肪肝ということが起きますが、お酒を飲まない人でもなる脂肪肝で非アルコール性脂肪肝炎という意味のNASHが問題になっています。
このNASHとは脂肪肝と肝炎を合わせたようなもので、お酒の飲みすぎでなるというアルコール性脂肪肝と違っているのが特徴の肝硬変につながる病気です。
偏頭痛やNASHもどちらも食生活から正していく必要があり、そのためには和食で栄養的な食事で玄米や味噌汁からはじめて続けていけばよく、どちらも自覚症状や前兆がわかりづらいために予防対策として効果があります。
偏頭痛はお酒のアルコールより味噌汁で不足の成分の解消になります。
また運動不足や睡眠不足、ストレスの解消ということです。
特に脂肪肝は症状の発見にはくわしく調べ続けて見つけるため検査入院となるくらいかかります。
発見が遅れてしまうと進行が速めなので悪く進んでしまうと最悪命の危険となる症状になります。
そのために常に健康診断がかかせず、文字通り脂肪が肝臓にたまりすぎなのですから脂肪の摂りすぎにならぬように運動や味噌汁、魚、ホウレンソウという和食からはじめ、健康的で脂肪を減らす方向の生活を続けることで、同時に糖尿病や高血圧の病気の対策になります。