• ホーム
  • 脳卒中が起こりやすい年齢

脳卒中が起こりやすい年齢

白いカプセルと葉

脳卒中は、脳の中の血管がつまったり、破断することによって起こりうる病気で、医学的には脳血管障害と呼ばれている病気になります。
納所中によって命を落とす人は非常に多く、しかもなんの前触れもなく来るので非常に怖い病気です。
そのため、脳卒中が起こりやすい年齢となってくると常日頃から中をしておく必要があります。
この病気を引き起こす大きな原因が、加齢と高血圧になります。
脳内にある血管がなんらかの原因で切れたり、破裂することによって起こります。
そのため、高齢になればなるほどこの病気を発症する可能性は高まります。
また、発症後も体力が小さいために命を起こす危険性が高まったり、まひなどの後遺障害が残るケースも多くなってきます。
さらに、血管にかかる圧力が普段よりも大きくなってしまう高血圧症を患っていると発症するリスクは非常に高まります。
そのため、血管の弾力性が失われてくる年齢になればなるほど病気を起こす危険性は高まります。
生活習慣とも密接に関わっているのがこの病気の特徴にもなっています。
そのため、60代以上になると急激に脳卒中が起こりやすいリスクが高まってきます。
しかし、若い世代でも急に発生することがある病気です。