20代に多い若年性脳梗塞

脳動脈が狭くなったり、血栓が詰まることによって脳に必要な酸素や栄養が送られなくなり、脳細胞が壊死してしまう病気のことを「脳梗塞」と言います。
一般的な脳梗塞は高齢者に多いとされています。
しかし、20代に多い若年性脳梗塞というものもあります。
病気の原因に関しても、高齢者に多い脳梗塞が動脈硬化や心房細動による事が多いのに対して、若年性脳梗塞の場合には自己免疫疾患やモヤモヤ病などの特異的な原因があるとされています。
症状に関しては、徐々に進行するタイプや突発的にあらわれるものまで様々です。
半身麻痺や手足のしびれ、言語障害、めまい、視野狭窄など人によってみられる症状も異なります。
若年性脳梗塞の予防としては、適度な運動と心掛け喫煙や飲酒は避ける、十分な睡眠を取る、ストレス解消を心掛けるということが挙げられます。
さらに、めまいや頭痛、立ちくらみ、耳鳴りなどの症状が現れた場合には早めに病院を受診することも重要です。
病院で行われる現差としては、血液検査・心電図・CT・MRI・レントゲンなどがあります。
どのような状態であるかによって、その後の治療法や対応が異なります。
いずれにしても、体に不調を感じたら、早めに病院を受診することが大切のようです。